多摩市で洗濯機や乾燥機を処分する方法

家電リサイクル法で定められている洗濯機や衣類乾燥機は、多摩市の自治体として収集・処分をおこなっていません。

 

家電リサイクル券を購入して収集運搬業者に依頼するか、引取指定場所に持込する方法もありますが、洗濯機や衣類乾燥機を取り外してから運搬するのは大変な作業になります。

 

手間をかけずに処分したい場合は、業者に丸投げするのがおすすめです。

 

とにかく今すぐ洗濯機を処分したいけど手続きが面倒な方は、ぜひ困りごと解決本舗におまかせください。迅速にお見積もり対応させていただきます。

 

困りごと解決本舗にお任せください!

 

困りごと解決本舗では、洗濯機や乾燥機の処分は6,600円~で対応できます!

 

洗濯機や乾燥機以外にも不用品をまとめて簡単に処分できますので、お気軽にご相談ください。

 


多摩市で洗濯機や乾燥機を処分する方法

多摩市で洗濯機や乾燥機を処分する場合は以下の方法があります。いずれもご自身での車両の用意や運搬の手間、手続きの面倒などがかかります。

 

  1. 指定引取場所へ持ち込む
  2. 市内の家電量販店・小売店に持ち込む
  3. 収集運搬業者に依頼する
  4. 不用品回収業者を利用する
  5. リサイクルショップに売却処分する
  6. 個人売買を利用する

 

指定引取場所へ持ち込む

指定引取場所へ持ち込むのが一番安く済みます。費用は家電リサイクル料金のみで、持ち込みには手数料は発生しません。ただし、ご自分で洗濯機や乾燥機を運搬する手間と車が必要となります。

 

また、多摩市内に指定引取場所がないため、最寄りの八王子市や横浜市まで運ぶ必要があります。

 

市内の家電量販店・小売店に持ち込む

家電リサイクル法対象製品の処分を受け付けている市内のお店に持ち込む方法です。費用は家電リサイクル料金とお店ごとの処分手数料です。

 

買い替えであれば安く済みますが、処分のみの場合は割高となるようです。こちらも持ち込みのため車が必要となります。

 

収集運搬業者に依頼する

市指定の収集運搬業者に連絡して予約を取り、自宅まできてもらいます。費用は家電リサイクル料金と業者ごとの収集運搬手数料を支払います。

 

宅内からの運び出しは対応していないため、ご自分で洗濯機や乾燥機を外して屋外まで運ぶ必要があります。

 

不用品回収業者を利用する

不用品回収業者であれば、洗濯機を処分する際に必要な作業を全て対応してくれるケースが多いです。また、不用品回収業者は、洗濯機や乾燥機以外に処分したいものがある場合も、まとめて処分対応しています。

 

ただし、不用品回収業者に洗濯機や衣類乾燥機の処分を依頼する際は、リサイクル料金と収集運搬料金の支払いは必要です。

リサイクルショップに売却処分する

買取業者へ持ち込む方法と、出張買取サービスを利用する方法があります。洗濯機は搬出・運搬に手間がかかるので、自力で運搬するのが難しい場合は、出張買取サービスを利用するのがおすすめです。

 

洗濯機の売却処分が成立すれば、リサイクル料金や収集運搬料金を支払う必要がありません。 ただし、洗濯機の状態が悪いものや型の古いものは、買取業者にて買い取ってもらえないこともあります。

個人売買を利用する

個人売買を利用する方法としては、フリマアプリやオークションサイトなどを利用する方法があります。個人売買が成立すれば、リサイクル料金・収集運搬料がかからないのが魅力です。

 

しかし、洗濯機の状態やメーカー、年式、モデルによっては買い手が見つかるまでに時間がかかったり、タイミングによっては買い手が見つからないこともあります。なお、洗濯機は送料も高額になるので、送料の取り扱いなどの交渉も必要です。


洗濯機・乾燥機の処分費用

洗濯機や乾燥機を処分する際には、家電リサイクル料金と収集運搬料金(※指定引取場所へ持込する場合は不要)の費用が必要になります。

 

洗濯機・乾燥機の家電リサイクル料金

2,530円~3,300円(税込)

 

※洗濯機や衣類乾燥機は、製品サイズや機能による料金設定がなく、メーカーによって異なります。

 

参照:リサイクル料金一覧表

 

洗濯機の収集運搬料金
種類 料金
タテ型・二層式洗濯機 3,300円
ドラム式洗濯機 3,850円
衣類乾燥機 3,300円

参照:家電リサイクル品収集|株式会社調布清掃

 

※収集運搬料金は洗濯機のサイズや業者によって料金が変わります。

 

洗濯機の家電リサイクル料金は、大小の区分はなく製造メーカーの料金設定に依存します。自社の工場で分解できる大手メーカーは、リサイクル料金をリーズナブルな価格に設定しているケースが多いです。家電リサイクル料金を支払う前に、確認しておきましょう。確認する際の問い合わせ先を、以下に記載しています。

 

家電リサイクルセンターへの問い合わせ

電話番号:0120-319-640 
午前9時~午後6時、日曜日・祝日等休み

ホームページで確認 再商品化等料金一覧

 

なお、衣類乾燥機も洗濯機と同様に家電リサイクル法の対象なので、自治体サービスでは処分対応しておらず、リサイクル料金を支払って処分する流れです。

 

処分依頼の前に確認すること

メーカー名とサイズの確認

リサイクル料金は各メーカーによって違います。問い合わせ前にメーカー名とサイズなど調べていただくとスムーズに進みます。

 

現状の確認

現状まだ設置しているのか、設置場所から外に運んでいる状態なのかを問い合わせ時に伝えてください。リサイクル料金や収集運搬料金には「取り外し」や「家の前まで出す」といったことは含まれないので、別料金が発生することがあります。

 

内容物の取り出し

洗濯機や乾燥機の中に衣類が入っている状態で処分できません。かならず内容物がない状態で運搬業者に引き渡してください。


洗濯機を処分する際の注意点

洗濯機を処分する際は、トラブルを避けるため押さえておくべき注意点があります。洗濯機を処分予定の方は、参考にしてください。

 

洗濯機の水抜きを忘れないようにする

洗濯機の処分する際は、水抜きをする必要があります。洗濯機の水抜きをせずに取り外しや運搬などの作業を行うと、水濡れなどのリスクがあります。洗濯機によって水抜きの方法は様々なので、適切な方法で処分できるよう、あらかじめ方法を確認しておきましょう。

 

洗濯機の水抜き作業は30分程度なので、それほど負担にはなりません。水抜きの作業も面倒で全ての作業を任せたい場合は、業者へ依頼することも可能です。なお、水抜きを自力でする際は、以下の点に注意しましょう。

 

  • ドライバーやバケツなど必要なものを揃えておく
  • 蛇口をしっかり締めてから作業を行う
  • 給水ホースと排水ホース両方の水抜きを忘れないようにする

 

洗濯機をスムーズに処分するには、水抜きが必要であることを認識しておくことが大切です。

 

洗濯機の耐用年数を意識しておく

洗濯機を処分する際は、耐用年数を把握しておくのがおすすめです。洗濯機の耐用年数は約6年と言われており、6年以上経過しているものは買い取ってもらえない可能性があります。なお、製造年式が新しいモデルほど、買取が成立する可能性が高いです。

 

洗濯機の状態やメーカー名・サイズを把握しておく

洗濯機を処分する際は、洗濯機の状態やメーカー名・サイズなどを把握しておくことがポイントです。また、取り外しが完了しているのかなど、必要な作業内容についても整理しておき、見積もりの際に現状を伝えましょう。正確な料金を把握するためにも、適切に伝えることが大切です。

一番手間なく処分したい人は「困りごと解決本舗」におまかせください

「めんどくさい」「とにかく今すぐなくしたい」という方は、当社にご連絡いただければ即日処分のお手伝いをさせていただきます。

 

困りごと解決本舗では、洗濯機や乾燥機の処分を6,600円~で承っています。洗濯機・乾燥機の大きさや搬出場所などによって金額の目安が異なるため、まずはお気軽にご相談ください。

 

お見積もりは無料なので、電話やメール、LINEで対応いたします。

 

お問い合わせはこちら

電話
メール
LINE


※電話が出れずに折り返す場合はこちらの番号08070902048から掛け直します。

電話 メール LINEでお問い合わせ